目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SnapなくたったけどSnap対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは銀ねこです。

突然ですが、Windows8.1用のストアアプリを作っていてBlend for VisualStudio2013のディバイスからレイアウトごとの設定ができなくなってしまいましたね。
私みたいにBlendに100%頼り切っている人間にとってはツラーイ!

…とりあえずの対策をメモしておきます。

スポンサーサイト

続きを読む>>

  1. 2013/11/23(土) 15:38:12|
  2. C#
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イメージの切り替えの忘却録。よく使うBitmapImageについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!銀ネコです。
本日はイメージ(素材)をイベント発火などをきっかけに入れ替える便利なBitmapImageの忘却録。よく使うからこそメモっておきます…。

続きを読む>>

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/11/10(日) 19:55:57|
  2. C#
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れないうちにメモ*C#*

このエントリーをはてなブックマークに追加
以前書いたソースコードを見てなんじゃこりゃ??と一瞬思ったので復習も兼ねてメモ。
Double型の数値かどうかジャッジするやり方を探していて多分このソースコードを書いたのだろうと思います…。

_numがDouble型であれば何かしら処理を実行できます。
その他Boolean、Datetime,intなどいろいろな型をジャッジできます。

超便利です。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/08(月) 14:18:50|
  2. C#
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分メモ*イメージを移動させる*

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日作ったアプリトントン☆ずもうのソースコードの一部をメモ。

イメージの配置場所を変えるコードを利用しました。

下図のようにとりあえずCanvasの中に力士のイラストを配置。


今回は横に移動させたいので、

Canvas.SetLeft(this.イメージ名, 距離);

移動させたいイメージ名、カンマで区切ってCanvasの左端0からの距離。
SetLeftをSetTopに変えると縦移動も可能です。

一定の箇所を連打(タップ)で移動させます。

//初期設定
int distance = 100;   //初期配置距離
attack = 0;   //攻撃数
int num;   //距離

//一回のタップで移動する距離を乱数にする
Random rndum = new Random();
num = rndum.Next(20);   //これだと0~19になるので
num =+1;   //1を足して1~20の乱数に変える

//タップイベントの中
attack += num;  //移動距離
distance += attack;   //初期配置距離+移動距離   
Canvas.SetLeft(this.rikishis, distance);


一回のタップで移動できる距離が乱数になっているので時々クリティカルヒットみたいになります。(笑)
このままだと力士がディスプレイの外に消えてしまうので一定距離まで進んだらif文何かで移動をストップさせます。
  1. 2012/06/16(土) 11:44:28|
  2. C#
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分メモ*タイマーイベント*

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日作ったアプリでタイマーを使ってみたので忘れないうちにメモ。

DispatcherTimer timer = new DispatcherTimer();
timer.Interval = TimeSpan.FromMilliseconds(1);
timer.Tick += new EventHandler(timer_Tick);
timer.Start();

DispatcherTimer を使うときusingにSystem.Windows.Threadingを追記する必要があります。
VisualStudioからは超楽ちんに追記できます。
DispatcherTimerと打ち込むと、赤い下線が表示されエラーとなるので、
文字にカーソルを当て少しすると『選択した項目をバインドするオプション』が表示されるのでクリック。
using System.Windows.Threadingを選択すると勝手に追記してくれます。

名称未設定-1

進む時間の単位を決めます。
TimeSpan.以下は下記の通り。

FromDays = 一日単位
FromMunites = 分単位
FromSeconds = 秒単位
FromMilliseconds = ミリ秒単位

TimeSpan.FromSeconds(1)⇒1秒間隔
TimeSpan.FromMilliseconds(55)⇒55ミリ秒間隔
という感じで単位を細かく変更できます。

ページを読み込んだときからタイマーをスタートさせたいなら…

InitializeComponent();
//タイマーイベント
DispatcherTimer timer = new DispatcherTimer();
~以下省略~
}


タップをきっかけにタイマーをスタートさせたいなら…

private void btn_Tap(object sender, System.Windows.RoutedEventArgs e)
//タイマーイベント
DispatcherTimer timer = new DispatcherTimer();
~以下省略~
}

という感じに。

void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
{
}

設定した間隔(インターバル)ごとに更新されるのでたとえば一秒ごとにタイマーを進めたいなら

void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
{
int _sec += 1;//一秒に1づつ増える
}

this.テキスト名.Text = _sec;
みたいに
この値を、TextBlockなどに入れれば、数秒ごとに更新され、タイマーらしいタイマー完成!
  1. 2012/06/06(水) 22:28:04|
  2. C#
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。