目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Expression Blendにイラレファイルをインポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Expression Blendで前から気になっていた、イラレのインポートをやってみた。


ますイラレで素材を作ります。
アートボードは480×766pxくらいで、WindowsPhoneサイズで用意。
使いたい素材ごとにレイヤーを作成。レイヤーに名前をつけておく。
ここを怠るとあとでイベントやアニメを作るとき泣くことになります。


花や葉っぱは大小のオブジェクトを重ねてブレンド(後日やり方を書きます)でグラデにしてみました。


次はExpressionBlendを起動してファイルからイラレをインポート。
面白いくらいイラレで作った通りに配置されます。


エミュレータではグラデーションも影付きや落書きなどの効果もバッチリ再現。
(取り込むことが出来ない効果もありますので注意)

もちろん、パスなのでブレンドに取り込んだデータを再編集も可能です。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/10(土) 14:27:48|
  2. Blend for VisualStudio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラーの法則.3~困ったときのスーツ!~

このエントリーをはてなブックマークに追加
困ったときの同系色・セパレーションまではご紹介いたしました。

今回は配色の面積について。
配色・色の面積比は一般的なスーツスタイルと同じようにするとバランスよく仕上がりますよ。


1、ベースカラー→ジャケット…約75%
  中心となる色調。全体のイメージにも影響があります。イラストのジャケットの色は日本人の大好きな紺色。
  まじめで誠実なイメージを与えます。余談ですが就活にお勧めの色です。

2、サブカラー→シャツ…約20%
  ベースカラーを引き立てたり、アクセントカラーとベースカラーの仲を取り持ちます。
  イラストのシャツは白なのでセパレーション効果で配色を調和させています。
  ちなみにサブカラーは複数あってもOK。

3、アクセントカラー→ネクタイ…約5%
  イメージにアクセントをつけたり、変化を持たせます。大抵ベースカラーと差のある色を使います。
  イラストのネクタイはジャケットとは反対色の赤です。
  赤は情熱や力強い決断力をイメージさせます。アメリカ大統領がここ一番の演説でつけているネクタイの色。
  1. 2012/03/10(土) 12:32:10|
  2. デザイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラーの法則.2~困ったときのセパレーション~

このエントリーをはてなブックマークに追加
去年広島でWindowsPhoneハンズオン勉強会でお話しさせていただいた内容の続きです。


色同士を組み合わせて「こりゃないだろう」と思ったときでもこのテクを使えば割とイケます 笑
やり方はカンタン。
色と色同士の間に無彩色を挟むだけ。無彩色とは白・グレー・黒など色味のないものです。
メタリックカラーなんかでもOK。

下の4つの星の絵を見てください。
彩度の高い上補色の赤×緑の組合せす。

左上の星はセパレーションしていないのでチラつき抜群。すっと見つめると目が痛い…笑。
それ以外は無彩色を挟んでるのでチラつくどころか見事に調和していますね~。

  1. 2012/03/10(土) 11:06:36|
  2. デザイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラーの法則.1~困ったときの同系色~

このエントリーをはてなブックマークに追加
去年広島でWindowsPhoneハンズオン勉強会でお話しさせていただいた内容です。
プログラムの話はさておいて、プログラマーでもできるデザインという事でお話しさせていただきました。
WindowsPhoneアプリ開発で使用するExpressionBlendは直感的にデザインをできるお気に入りツールです。

1.同系色で合わせる
この組み合わせだとまず、失敗が少ないのでおススメ。
ポイントは組み合わせる色同士の差をつけ、メリハリをつけること。

色彩1
1は2色の明るさ・鮮やかさの差が少ないので色同士の境目があいまいに…。2は2色の差があるので、境目もしっかり分かりますね。3になると色の差が歴然でメリハリしっかりついています。ちなみに茶色もピンクも同じ赤系の同系色です。

エディター
これはWindowsPhoneの開発に使うExpressionBlendのエディターです。
左側にピックアップすると色が選べる上記のようなグラデーションになったパレットがあります。
イラレでもフォトショでもペイントやデザイン系ソフトにはこのようなエディターはありますよね。

このパレットを使えばカラーコーディネートは簡単!!ピックアップする2色間が離れていればいるほどメリハリがつきます。
  1. 2012/03/04(日) 12:04:06|
  2. デザイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。