目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古びたプリント風*イラレ&フォトショ*

このエントリーをはてなブックマークに追加
現場であまり使うことがなさそうだけど、古びた??プリント風の素材を作ってみましたので、そのレシピのメモ。

あらかじめ、ベースとなるキャンバスっぽい素材を用意しておきます。(後日書きます!)
素材はレイヤーを複製しておきます。後で使うのでとりあえずかくしておいてもオッケーです。
イラレで適当なマークを作ります。全てアウトラインをかけてコピー(ctrl+C)フォトショップのキャンバスの上にシェイプレイヤーとしてペーストします。



シェイプレイヤーを「フィルター」→「ぼかし」→「ガウス」で2~5px程度にぼかします。
新しいレイヤーを直下に作り、白く塗りつぶし結合します。
「イメージ」→「色調補正」→「2階調」を選びフチがちょうど良い感じになるよう調整します。



「フィルター」→「イメージ」→「ブラシストローク」→「はね」でフチを荒くしておきます。これも様子を見ながら調整しましょう。



これでベースができました。
「選択範囲」→「色域指定」でマークの黒い部分を選びます。もうこのレイヤーは不要です。
キャンバスレイヤーの上側の目隠しを外し、レイヤーマスクの追加をクリック。キャンバスが選択範囲と同じ形にくり貫かれます。 「イメージ」→「色調補正」から「明るさ・コントラスト」で明るさを低めに調整。同じく「色調補正」より「特定色域の選択」から中間色、白色系あたりを中心に調整します。今回はえんじ色っぽく調整しました。



バランスを見ながら「指先ツール」を使って部分的ににじませます。



今回は「描画モード」を「ハードライト」にしてみました。
「描画モード」を変えてお好みの感じにしてみるともっと変わった雰囲気になります。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/24(土) 18:46:55|
  2. デザイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

使いまわしできるパターン*イラレ*

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近転職し、デザインのウェイトがぐっと高くなりました。


限られた時間で作業しなければならない中、手っ取り早く画像を彩るパターンを重宝しています。
ファイヤーワークスならさくっとある程度パターンをかける事が出来るけど、現場に入ると必ずしも恵まれている訳でもないもの…。

そこで、今日は使いまわし出来るパターン素材を作ろう!ということで初心に帰ってメモしときます。

1.ストライプ

スタンダードな白いストライプを作ります。
「長方形ツール」で適当な色の10×10pxの正方形を作ります。成功系を選択してコピー(ctrl+C)前にペースト(ctrl+F)、「塗り」を白に変更します。
「変形」(shift+F8)の左側にある四角形の9つのポチのうち左上をクリック。変形の始点を変更します。
縦横比のロックを外れているか確認後、幅を5pxに変えます。



後方の正方形の「塗り」「線」を「なし」の状態にして、2つのオブジェクトを選択してスウォッチパネルにドラックします。
これでストライプパターンが完成。
このパターンは使いまわすので、何かしら名前を付けておきましょう。スウォッチパネルの中の完成したパターンをダブルクリックすると名前を変更できます。


1.ドット
「長方形ツール」で適当な色の10×10pxの正方形を作ります。
「円ツール」で縦横3pxの円を作ります。「塗り」は黒に。
この円は正方形の中心に重ねたいので、2つのオブジェクトを選択した状態で、右ツールバー「整列」(shift+F7)より、「水平方向中央に整列」「垂直方向中央に整列」をそれぞれクリック。私にはこのマークがいつも焼き鳥の串に見えます(笑)。円だけを選択してコピー(ctrl+C)、4回ペースト(ctrl+V)します。円をそれぞれ四角の角に配置しますが、この時円の中心と四角の角を必ずピッタリ合わせます。なので、上部バーの表示→スマートガイドにチェックを入れておきます(ctrl+U)。
スマートガイドにチェックが入っていれば角や中心などが重なったら交差などと表示されるはずです。



後ろの正方形の「塗り」「線」をなしに変えてそのままスウォッチにドラックすれば完成です。もちろん名前を付けておきましょう。


3.使いまわし

私は基本、柄の付けたいオブジェクトにパターンを重ねています。
オブジェクトそのものをパターンで作ってもいいのですが、このやり方の方が後からアレンジしやすいです。

1.サイズを変える
オブジェクトを選択した状態で右クリック→「拡大・縮小」を選択。好きなパーセンテージでサイズ変更します。



この時、オプションのパターンのみにチェックを入れて、パターンのみのサイズを変更します。

2.角度を変える
オブジェクトを選択した状態で右クリック→「回転」を選択。45°で斜めストライプ、90°でボーダーになります。「拡大・縮小」の時と同様、オプションのパターンのみにチェックを入れておきます。

3.透明度を変える
右ツールバーより透明(ctrl+shift+F10)30~50%に変更。

4.色を反転する
上部バーより編集→カラーを編集→カラー反転で白から黒に変更できます。

ストライプの「透明度」30%、「回転」45°、パターンのオブジェクトをコピぺ反転すればギンガムチェックも簡単♪

  1. 2012/11/24(土) 09:54:25|
  2. イラストレーター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。