目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分メモ*タイマーイベント*

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日作ったアプリでタイマーを使ってみたので忘れないうちにメモ。

DispatcherTimer timer = new DispatcherTimer();
timer.Interval = TimeSpan.FromMilliseconds(1);
timer.Tick += new EventHandler(timer_Tick);
timer.Start();

DispatcherTimer を使うときusingにSystem.Windows.Threadingを追記する必要があります。
VisualStudioからは超楽ちんに追記できます。
DispatcherTimerと打ち込むと、赤い下線が表示されエラーとなるので、
文字にカーソルを当て少しすると『選択した項目をバインドするオプション』が表示されるのでクリック。
using System.Windows.Threadingを選択すると勝手に追記してくれます。

名称未設定-1

進む時間の単位を決めます。
TimeSpan.以下は下記の通り。

FromDays = 一日単位
FromMunites = 分単位
FromSeconds = 秒単位
FromMilliseconds = ミリ秒単位

TimeSpan.FromSeconds(1)⇒1秒間隔
TimeSpan.FromMilliseconds(55)⇒55ミリ秒間隔
という感じで単位を細かく変更できます。

ページを読み込んだときからタイマーをスタートさせたいなら…

InitializeComponent();
//タイマーイベント
DispatcherTimer timer = new DispatcherTimer();
~以下省略~
}


タップをきっかけにタイマーをスタートさせたいなら…

private void btn_Tap(object sender, System.Windows.RoutedEventArgs e)
//タイマーイベント
DispatcherTimer timer = new DispatcherTimer();
~以下省略~
}

という感じに。

void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
{
}

設定した間隔(インターバル)ごとに更新されるのでたとえば一秒ごとにタイマーを進めたいなら

void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
{
int _sec += 1;//一秒に1づつ増える
}

this.テキスト名.Text = _sec;
みたいに
この値を、TextBlockなどに入れれば、数秒ごとに更新され、タイマーらしいタイマー完成!
スポンサーサイト
  1. 2012/06/06(水) 22:28:04|
  2. C#
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ExpressionBlend*文字を埋め込む* | ホーム | ExpressionBlendでアニメーションを入れ子にする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gatoprateado.blog.fc2.com/tb.php/12-7773632d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。