目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分メモ*イメージを移動させる*

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日作ったアプリトントン☆ずもうのソースコードの一部をメモ。

イメージの配置場所を変えるコードを利用しました。

下図のようにとりあえずCanvasの中に力士のイラストを配置。


今回は横に移動させたいので、

Canvas.SetLeft(this.イメージ名, 距離);

移動させたいイメージ名、カンマで区切ってCanvasの左端0からの距離。
SetLeftをSetTopに変えると縦移動も可能です。

一定の箇所を連打(タップ)で移動させます。

//初期設定
int distance = 100;   //初期配置距離
attack = 0;   //攻撃数
int num;   //距離

//一回のタップで移動する距離を乱数にする
Random rndum = new Random();
num = rndum.Next(20);   //これだと0~19になるので
num =+1;   //1を足して1~20の乱数に変える

//タップイベントの中
attack += num;  //移動距離
distance += attack;   //初期配置距離+移動距離   
Canvas.SetLeft(this.rikishis, distance);


一回のタップで移動できる距離が乱数になっているので時々クリティカルヒットみたいになります。(笑)
このままだと力士がディスプレイの外に消えてしまうので一定距離まで進んだらif文何かで移動をストップさせます。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/16(土) 11:44:28|
  2. C#
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お決まりのHello!Worldにチャレンジ | ホーム | JavaScript*他のページからから受け取った値を表示*>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gatoprateado.blog.fc2.com/tb.php/17-7b7c9074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。