目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SQLiteをWinRTアプリで使ってみる*WinRTC#*

このエントリーをはてなブックマークに追加
うっかり書きかけの記事を2回もおじゃんにしてしまい、気力がすっかりなくなってしまいました。

今回ローカルのデータベースを使うWinRTアプリを作ってみたくてSQLiteを試してみたのでメモ。
まず、下準備。SQLiteを導入したいプロジェクトに「SQLite for WindowsRuntime」「Nuget Package Manager」を入れます。
ツール→機能拡張と更新プログラムを選択します

オンライン→VisualStudioギャラリーを選択し右上検索バーでSQLiteとかNugetで検索すると「SQLite for WindowsRuntime」「Nuget Package Manager」が簡単にヒットします。それぞれ、インストール。
次に参照の追加をします。ソリューションエクスプローラーの参照設定を右クリック。参照の追加でSQLite for WindowsRuntimeにチェックを入れます。
同じく参照設定を右クリック、Nugetパッケージの管理を選択しSQLite-netをインストール。(これも検索で簡単にヒットします)
ソリューションエクスプローラーにSQLite.csとSQLiteAsync.csが追加されていると思います。これで準備完了。

デバッグする時プラットフォームがAnyCPUだとデバッグできないので、とりあえず×86を選択しておきます。


登録するテーブル用にクラスを作ります。
ページを読み込んだ時にテーブルを作る。
XAMLの方にボタンを押したら名前を登録という感じにしておく。 ボタンイベント。名前を入力してボタンをクリックしたら、テーブルができます。 InsertAsync→テーブルを挿入、 UpdateAstnc→テーブルを上書き、DeleatAsync→テーブルを削除。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/07(日) 09:17:17|
  2. Windows8のアプリを作ろう!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SQLiteをWinRTアプリで使ってみる2*WinRTC#* | ホーム | メッセージダイアログの表示*WinRT C#*>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gatoprateado.blog.fc2.com/tb.php/33-541952d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。