目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最初にやっときゃよかった!GoogleAnalyticsのフィルタ設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!銀ねこです。
GoogleAnalyticsだいぶ慣れてきました。
残念なことに、
自分のIPアドレスにフィルタをかけておいたつもりだったのですが、うっかり最後まで設定できてませんでした。
とっても簡単なんですが、反省も込めて設定の仕方を書いときまする。

1.フィルタの対象を選定しましょう

関係者・運営者ならそのサイトをチェックする=アクセス数が増えるのは当たり前。 あと、トラッキング不要なロボットなども、計測しないようにフィルターをかけておきたいですね。
自分のIPアドレスはWindowsならコントロールパネル>ネットワークとインターネット>基本ネットワーク>ローカルエリア接続>詳細を開けば確認できます。
コマンドプロンプト(Windowsキー+C)に ipconfig に入力でも、確認できます。

自分のアドレス確認できるプログラムを追記しておきます^^

携帯・スマフォは都度IPアドレスが変わるのでフィルタかけにくいですね。

2.フィルターを作る

フィルタは複数作ることができます。
フィルタを作るにはアナリティクス設定、ビュープロファイルを選びます。

今回はとりあえず自分のIPだけはじきます。
任意でフィルタ名をつけます。
フィルタの種類を既定かカスタムで選びます。今回は既定を選択。

フィルタは既定のフィルタでも下の通り項目を選べます。

1)フィルタ方法
・除外・右のみを含む

2)フィルタの対象
・ISPドメインからのトラフィック
・IPアドレスからのトラフィック
・サブディレクトリからのトラフィック
・ホスト名へのトラフィック

3)一致部分
・等しい
・前方が一致
・最後が一致
・次を含む


私が忘れていたのはここ。
作ったフィルターを使用できるよう追加しなければいけませんでした。
これでフィルタ追加完了です。

まとめ

フィルタは特定のトラフィックを除外するだけでなく欲しいデータを抽出したりできるので便利ですね。
色々試してみようと思います^-^

スポンサーサイト
  1. 2013/10/10(木) 08:04:50|
  2. GoogleAnalytics
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GoogleAnalyticsで検索ワードを解析 | ホーム | 直帰率を改善!5つの解決策*Web解析*>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gatoprateado.blog.fc2.com/tb.php/60-310050b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。