目指せ!万能クリエーター!!デザイン・コーディングプログラミングまで幅広く書いています。

準備中

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GoogleAnalyticsで検索ワードを解析

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!銀ねこです。
ブログの訪問数を知るために、何をきっかけに訪問してもらえたか知りたくないですか?
良いコンテンツと出会うきっかけは検索ですよね。 検索した言葉=「興味を持っているコンテンツ」のヒント!検索ワードを知るために必要な設定をご紹介します。

1.検索語のデータ取得のためにウェブマスターツールを設定

GoogleAnalyticsには「検索クエリ」という項目があり、ここでどんな言葉が検索されてるか確認できるのですが、GoogleAnalyticsだけでは「検索クエリ」にデータが反映されません。
別に「ウェブマスターツール」が必要です。
アナリティクス設定>プロパティを選び、ウェブマスターツールの設定編集をクリック。



まずはウェブマスターツールのアカウントを作ります。
アカウントができたら、サイトを追加します。

サイトを追加後、サイトのデータを取得するための設定を行います。
推奨はデフォルトでGoogleAnalyticsアカウントになってますのでこれにチェックでOKです。



サイトの所有権を認められると、データが取得できるようになります。
ちなみにGoogleAnalyticsのJsタグが非同期コードだったり、Jsタグの設置箇所が間違っているとデータの取得ができません。ご注意を。



もし、設定を確認したい場合は設定から確認の詳細から確認できます。

2.取得できるデータはどうする?

データが取得できるようになったので、早速確認してみましょう!
データは「検索クエリ」という項目から確認できます。 左のナビゲーションに集客>検索エンジン最適化>検索クエリにありますが、検索バーに「検索クエリ」と入力すればOK!



取得できるデータは「検索フレーズ」(GoogleAnalyticsでは検索クエリと呼ばれているようです)です。
「検索フレーズ」とは「Windows C#」、「壇蜜 セクシー」などスペースを含んだ言葉です。
「検索フレーズ」の分解すると、「Windows」「C#」「壇蜜」「セクシー」と4つの「検索ワード」になります。
より、詳しく分析するためには「検索ワード」に分解して解析します。
そうすれば「何」に興味を持ってサイトを訪れてもらえてるのか分かりますね。 さらに訪問数UPページビューUPの対策が練れますね!

まとめ

ウェブマスターツールはその他便利機能がいっぱいみたいです。より高度な解析をするためには必須ですね。
もっと利用してみようと思います。

スポンサーサイト
  1. 2013/10/12(土) 09:34:00|
  2. GoogleAnalytics
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お好みのソーシャルボタンを設置しよう | ホーム | 最初にやっときゃよかった!GoogleAnalyticsのフィルタ設定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gatoprateado.blog.fc2.com/tb.php/61-3e115ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。